新型コロナウイルス

整骨院・接骨院でコロナ感染リスク?

コロナウィルス(Covit-19)状況下で、整骨院や接骨院がクラスターになったり、感染源になったというニュースは5月時点ではありません。たまたまニュースにならなかっただけかもしれません。しかし、手技や電気治療などで濃厚接触が生じるため、100%安全とは言い切れません。とは言っても、体がしんどくて治療院に行かなくてはもたない人もいると思いますので、感染リスクを低減する対策を取っている事例をお伝えします。各治療院のHPにも感染対策は公表されていますが、わからない場合は、TELなどで問い合わせてから、治療院に行くようにしてください。

【最低限見るポイント】

・施術者および患者にマスク着用を義務づけているか

・院の窓口に消毒液を置いているか。消毒して入店することが徹底されているか

・施術者は1人の患者を施術するたびに手洗いしているか

・施術用ベッドのフェイスマスクやタオルを毎回変えているか、ベッド、器具を消毒しているか

・ベッドの間隔が2M以上空いているか、カーテン等で別の患者と間仕切りされているか

・喚起対策がされているか

・施術者の定期的な検温

上記が徹底されていないようだと、その医院は避けた方が無難です。。。

 

【より強固な対策】

・空気清浄機の設置

・完全予約制または1度に入店する患者人数の制限

・患者入店時の検温義務

・キャッシュレス決裁

・ドアノブや手すりの消毒

3密対策や経費節減のため、受付スタッフの人員を減らして運営されている治療院もあります。通常は受付スタッフが消毒などの衛生作業をしますが、施術者が衛生作業に手が回らないのであれば、感染リスクは高まるでしょう。

私もある治療院で、施術者がマスクをあごにかけて治療しているのを見て、その医院には行かなくなりました。